2016年08月22日

文法家列伝:ソシュール編(5/5)

(5)ソシュールは「ラング」という心的な記号の体系を言語の事実から抽出した

 本稿は、科学的言語学体系の創出過程への1つの道として、歴史上の優れた言語研究者の業績を取り上げ、それを歴史的に位置づけることを目的にした「文法家列伝シリーズ」のソシュール編です。ここまで、ソシュールの言語理論の歴史的意義に関して、大きく3つに分けて説いてきましたが、ここでこれまでの展開の大事な部分を振り返っておくことにしましょう。

 まず、ソシュールが言語を体系として、認識との連関において取り上げたことを見ていきました。19世紀の比較言語学に至るまでの言語研究史を簡単に振り返り、言語研究が認識の解明の深化とともに発展してきた流れが、比較言語学において寸断され、ここでは個々の音声が歴史的にどのように変化するのか、その法則性を扱う研究として、認識とは無関係の自然科学的方法において、言語研究がなされていったことを確認しました。こうした比較言語学に対して、ソシュールは批判的な見解を述べていたのですが、それは「言語が何よりもまず記号の体系である」というソシュールの根本的な言語観によるものだとして、その中身を詳しく見ていきました。ソシュールによれば、言語は価値の体系であって、他の言語と違うという対立関係が変らなければ、言語の価値は変化しないのだということでした。では、その言語の価値体系とはどのようなものかといえば、それは「観念の差異に結びつけられた音の差異としてのラングの全体系」に他ならないということでした。つまり、ある観念にある音のイメージが結びついた記号が人間の頭の中にあって、その記号の集合体、総体が言語=「ラング」=「記号の体系」=「価値の体系」だということでした。こうしたソシュールの言語観を言語研究史に位置づけてみるならば、言語を体系として把握し、認識との連関において取り上げたということができるのでした。

 次に、ソシュールが言語の同定性(何によって同一の言語だといえるのか)をどのように考えたのかについて確認していきました。ソシュールはまず、言語の同定性は音声や文字といった物理的なあり方そのもので決定されるものではないと主張しました。文字を何色で書こうと、彫って表そうと、また音声をどのような声色で話そうと、同じ言語として認められるということです。ソシュールはこうした言語の同定性について、チェスの駒や急行列車の例を挙げて、それらと同じ性質の同定性であることを説明したのでした。それではなぜ、言語の同定性が物理的なあり方そのものによって決定されないかというと、それは言語の恣意性に根拠があるということでした。言語は、聴覚映像と概念との結びつきに必然性がないことに加え、概念がどのような範囲を表すのか、聴覚映像がどのように区別されるのか、定まった基準もないという意味で恣意的であって、そうした物理的なあり方の恣意性には言語の同定性の根拠を置くことはできないのだとソシュールは主張したのでした。では、言語の同定性の根拠はどこに求められるのかといえば、それは他と違うという関係、体系全体におけるその語の位置づけによって決定されるということでした。つまり、言語の同定性は、物理的な形そのものではなくて、言語全体の体系においてその語が他の全ての語と異なっているという関係にこそ、その根拠があるということでした。

 最後に、ソシュールが「ラング」を「パロール」から区別したことの意味を検討していきました。まず、「ラング」とは人間の頭の中にある言語に関する社会的な約束事の総体であって、一方「パロール」は個々の人間が話したり書いたりする個別的な音声や文字のことであることを見ていきました。また、両者は相互依存関係にあり、「パロール」は「ラング」なくしては実現しませんし、「ラング」も「パロール」の繰り返しにより社会的に承認されて初めて成立するものであることも確認しました。それでは、ソシュールは言語研究の中心的なテーマがどちらにあると考えていたのか、続いてこの問題について検討していきました。ソシュールは「言語が何よりもまず記号の体系である」と述べていたことを確認し、ここでいう「言語」とは、聴覚映像と概念とが結びついた心的記号の総体のことであり、これはとりもなおさず「ラング」のことであるから、ソシュールは言語学の中心的なテーマが「ラング」の研究にあると考えていたのだということを説明しました。その上で、ソシュールが「ラング」を「パロール」から区別したことの意味を検討しました。第1に、「ラング」は認識の一形態であるから、言語研究は認識の研究そのものだという形で、直接的に認識の研究を問題にしたこと、第2に、言語の本質が(これまで考えられてきたように)音声や文字であるということに疑問を呈し、言語の本質は社会的・精神的・体系的なものである、つまり「ラング」であるという形で、言語の持つ2つの性格を分けて把握したこと、この2点を見ていったのでした。

 以上、ソシュールの言語理論の歴史的意義について、3つに分けて説きてきた流れを確認しました。再度ソシュールの言語理論をまとめるとすると、ソシュールの時代までに隆盛を極めていた比較言語学の方法論、つまり個別の音声が歴史的にどのように変化していくのかに関する法則を研究するというやり方に対して、言語の本質は音声や文字の物理的なあり方そのものにあるというのは違うのではないかとソシュールは考えたのです。それは文字をどのような色で書いても、音声をどのような声色で話しても、同じ言語として通用する事実にも裏打ちされていました。では、言語の本質とは何かといえば、それは音声や文字といった物理的なあり方そのものではなく、聴覚映像と概念とが人間の頭の中で結びついた記号が、他の記号との対立関係の中で打ち立てる体系にあるのではないか、これがソシュールの根本的な言語観なのです。こうした考えをまとめ上げることによって、「ラング」を「パロール」から区別し、「ラング」という心的な記号の体系を抽出したものが、ソシュールの言語理論の中心なのです。

 では、こうしたソシュールの言語理論を自らの実力と化す、つまり連載第1回に用いた言葉でいえば、「科学的言語学体系を構築する」ための1つの過程にするには、どのような作業が必要になってくるのでしょうか。単にソシュールの言語理論の成果を捉えるだけでいいのでしょうか。この問題に関しては、南郷継正先生が以下のように説いておられることが非常に重要となってきます。

「論文を書くとは、相手の論の欠点を正しく説いて見せながら、つまり正当な論文になるように仕上げてみせることが重要なのであり、これを実践していってこそ自分の学の形成過程の一助となるのであり、これが体系化への第一歩となっていくのである。」(『武道哲学講義 第3巻』p.228)

 つまり、成果は成果として正当に評価しつつ、「相手の論の欠点」も同時に指摘しなければならず、その欠点を正していくことが必要になってくるということです。

 ではここで、これまで見てきたソシュールの言語理論を俎上に載せて、簡単にではありますが、このことを実践してみたいと思います。

 まず、ソシュールは言語の持つ2つの性格を分けて把握し、それぞれに「ラング」と「パロール」という名前を付けました。言語の社会的・精神的・体系的な性格を「ラング」と呼び、言語の個人的・物理的・個別的な性格を「パロール」と呼んで、全く別の実体として把握したのです。「ラング」は頭の中にあり、「パロール」は現実の世界の中にあるというわけです。そして「ラング」を研究の中心に据え、「ラング」は他の全ての記号と異なるという関係において、自らを同定する記号の体系だと捉えたのでした。このことを別の言葉でいえば、「ラング」は「絶対的な差異」が問題なのではなくて、「相対的な差異」が問題だということになります。そしてこの「相対的な差異」というのは、簡単にいえば「種類」のことです。しかし、「ラング」を「種類」としての記号の体系だと捉えるならば、それは何も「ラング」に限った把握ではなくなってしまうのです。どういうことかといえば、「パロール」は物理的なあり方が問題であって、言語の本質からは外れる存在だとソシュールは考えていたのですが、「種類」という概念を導入することによって、「パロール」にも2つの性格がある、つまり物理的なあり方そのものという側面と、「種類」としての側面と、2つの性格が「パロール」において統一されている、ということがいえるようになるわけです。ある言語(音声や文字)の物理的なあり方の変化は、「種類」が変ってしまうという限界に達するまでの範囲内においては許容されるのだと考えることで、ソシュールが「ラング」と「パロール」という形で二分した言語の2つの性格を、音声や文字の中に二重性として統一的に捉えることができるようになるのです。そしてこのことは、音声や文字が言語であり、言語学の中心的な研究テーマであるとする従来の言語観への、ヨリ高いレベルでの復帰を意味するのです。

 それでは、音声や文字(ソシュールのいう「パロール」)が言語であるとすると、ソシュールのいう「ラング」とは一体何なのかが問題になります。実はこれは言語に関する約束事、つまり言語規範なのです。そして言語規範は言語そのものと大きく関係していますが、言語そのものではありません。これは、例えば野球のルールは野球に大きく関係していますが、野球のルールそのものが野球であるとはいえないことと同じことです。ソシュールは、言語が「絶対的な差異」ではなくて「相対的な差異」に基づく体系であることを把握したまでは良かったのですが、音声や文字の中に「相対的な差異」が「絶対的な差異」との二重性で存在していることを見抜くことができず、「絶対的な差異」としての「パロール」とは別の実体として、人間の頭の中にある「相対的な差異」としての「ラング」を想定し、これこそが言語だとしてしまったことに誤りがありました。「ラング」を言語だとしてしまうと、連載第1回で引用した安倍首相の発言について、その意図を平板に表面的に捉えておしまいとなってしまうのです。なぜならば、「ラング」は記号の体系であって、その記号は聴覚映像と概念とが一義的に結びついているからです。「参院選の最大の焦点はアベノミクスだ」といえば、その意味は完全に固定化されてしまい、実は安倍首相の頭の中では憲法改正問題が最も大きなテーマなのではないか、などと考える余地がなくなってしまうのです。

 以上、ソシュールが「ラング」と「パロール」として言語の2つの特徴を分けて把握したことの意義と限界について考察してきました。言語に物理的な性質と「種類」としての性質とが存在することを指摘したことは、言語研究史上におけるソシュールの大きな業績だと評価できるのですが、それらを二分して把握してしまい、音声や文字の中に二重性としてそれらが存在すると理解できなかったことがソシュールの限界だったのです。

 実は、言語の同定性の根拠が「種類」であると明確に言い切ったのは三浦つとむさんなのです。三浦さんは言語を二重性(いわば「二分性」ではなく)で捉え、言語の感性的なあり方そのものは言語表現に不可欠ではあるものの、言語表現ではなく非言語表現であって、言語の「種類」としての側面こそが本来の言語表現であると説いておられます。また、言語と言語規範がどのような関係にあるのかも明らかにされています。三浦言語論については、10月に本ブログに掲載予定の「三浦つとむ『認識と言語の理論』を読む」の中で詳細に展開することをお約束して、本稿を終えることとします。

(了)
posted by kyoto.dialectic at 06:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 言語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

私って本当に早とちりでセッカチですね。
「ラング」も「パロール」も言語・二重化だったのに…

そして〜今日まで待てれば、自ずと答えは得られていたのに…↓〜

>それでは、音声や文字(ソシュールのいう「パロール」)が言語であるとすると、
>ソシュールのいう「ラング」とは一体何なのかが問題になります。
>実はこれは言語に関する約束事、つまり言語規範なのです。

そう〜言語に関する約束事=「言語規範」だったのですね!

そうすると…「概念とは?」は、まだ「謎?」ですが…
う〜ん…対象⇔認識⇔対象の「概念」化⇒言語・表現…ですかね??

と…問い掛けつつ〜
次回の「三浦つとむ『認識と言語の理論』を読む」を期待して待っています♪♪♪
今後も宜しくお願いします。






Posted by 自由びと at 2016年08月22日 10:09
横から失礼しますが、私は「ラングとは言語規範」という規定に少々違和感を持っています。

ソシュールの「ラングとパロールとの区別」との視点は「社会と個人の区別」から来るのだと思うんですよ。

それで、「規範」って「社会規範と個人規範」とに区別されるように誰か個人が「これは、このように表現されるべきだ」と自己流の規則に則って表現している部分は「規範であっても個人的」という理由から「パロール」なんだと思うんです。

そこには「社会/個人」の区別・視点はあっても「規範・規則/恣意・即興」の区別・視点がないからなんですが。

Posted by 砂の十字架 at 2016年08月24日 09:19


自由びとも〜横から一言・二言〜

>「規範であっても個人的」

個人的な規範とは? 
その具体的な形態とは?を考えると〜

それは、「社会的な規範」の恣意的・即興的な変形・使用…となるのでは?

そもそも…個人が独力で、「社会的な言語規範」とは、
全く異なった異質な規範の創出・使用が可能でしょうか?






Posted by 自由びと at 2016年08月26日 10:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

<講義一覧>

 ・2010年5月例会の報告
 ・2010年6月例会の報告
 ・日本酒を楽しめる店の条件
 ・交響曲の歴史を社会的認識から問う
 ・初心者に説く日本酒を見る視点
 ・『寄席芸人伝』に見る教育論
 ・初学者に説く経済学の歴史の物語
 ・奥村宏『経済学は死んだのか』から考える経済学再生への道
 ・『秘密諜報員ベートーヴェン』から何を学ぶか
 ・時代を拓いた教師を評価する(1)――有田和正氏のユーモア教育の分析
 ・2010年7月例会報告
 ・弁証法から説く消費税増税不可避論の誤り
 ・佐村河内守『交響曲第一番』
 ・観念的二重化への道
 ・このブログの目的とは――毎日更新50日目を迎えて
 ・山登りの効用
 ・21世紀に誕生した真に交響曲の名に値する大交響曲――佐村河内守:交響曲第1番「HIROSHIMA」全曲初演
 ・2010年8月例会報告
 ・各種の日本酒を体系的に説く
 ・「菅・小沢対決」の歴史的な意義を問う
 ・『もしドラ』をいかに読むべきか
 ・現代日本における「国家戦略」の不在を問う
 ・『寄席芸人伝』に学ぶ教師の実力養成の視点
 ・弁証法の学び方の具体を説く
 ・日本歴史の流れにおける荘園の存在意義を問う
 ・わかるとはどういうことか
 ・奥村宏『徹底検証 日本の財界』を手がかりに問う「財界とは何か」
 ・「小沢失脚」謀略を問う
 ・2010年11月例会報告
 ・男前はなぜ得か
 ・平安貴族の政権担当者としての実力を問う
 ・教育学構築につながる教育実践とは
 ・2010年12月例会報告
 ・「法人税5%減税」方針決定の過程的構造を解く
 ・ベートーヴェン「第九」の歴史的位置を問う
 ・年頭言:主体性確立のために「弁証法・認識論」の学びを
 ・法人税減税の必要性を問う
 ・2011年1月例会報告
 ・武士はどのように成立したか
 ・われわれはどのように論文を書いているか
 ・三浦つとむ生誕100年に寄せて
 ・2011年2月例会報告:南郷継正『武道哲学講義U』読書会
 ・TPPは日本に何をもたらすのか
 ・東日本大震災から国家における経済のあり方を問う
 ・『弁証法はどういう科学か』誤植の訂正について
 ・2011年3月例会報告:南郷継正『武道哲学講義V』読書会
 ・新人教師に説く「子ども同士のトラブルにどう対応するか」
 ・三浦つとむ『弁証法はどういう科学か』誤植一覧
 ・新大学生に説く「大学で何をどう学ぶか」
 ・新大学生に説く「文献・何をいかに読むべきか」
 ・2011年4月例会報告:南郷継正『武道哲学講義W』読書会
 ・三浦つとむ弁証法の歴史的意義を問う
 ・新人教師に説く学級経営の意義と方法
 ・三浦つとむとの出会いにまつわる個人的思い出
 ・横須賀壽子さんにお会いして
 ・続・三浦つとむとの出会いにまつわる個人的思い出
 ・学びにおける目的意識の重要性
 ・ブログ毎日更新1周年を迎えてその意義を問う
 ・2011年5・6月例会報告:南郷継正「武道哲学講義〔X〕」読書会
 ・心理療法における外在化の意義を問う
 ・佐村河内守:交響曲第1番「HIROSHIMA」CD発売
 ・新人教師としての一年間を実践記録で振り返る
 ・2011年7月例会報告:近藤成美「マルクス『国家論』の原点を問う」読書会
 ・エンゲルス『空想から科学へ』を読む
 ・2011年8月例会報告:加納哲邦「学的国家論への序章」読書会
 ・エンゲルス『空想から科学へ』を読む・補論1三浦つとむの哲学不要論をめぐって
 ・一会員による『学城』第8号の感想
 ・エンゲルス『空想から科学へ』を読む・補論2 マルクス『経済学批判』「序言」をめぐって
 ・2011年9月例会報告:加藤幸信論文・村田洋一論文読書会
 ・エンゲルス『空想から科学へ』を読む・補論3 マルクス「唯物論的歴史観」なるものの評価について
 ・三浦つとむさん宅を訪問して
 ・TPP―-オバマ大統領の歓心を買うために交渉参加するのか
 ・続・心理療法における外在化の意義を問う
 ・2011年10月例会報告:滋賀地酒の祭典参加
 ・エンゲルス『空想から科学へ』を読む・補論4不破哲三氏のエンゲルス批判について
 ・2011年11月例会報告:悠季真理「古代ギリシャの学問とは何か」読書会
 ・エンゲルス『空想から科学へ』を読む・補論5ケインズ経済学の歴史的意義について
 ・一会員による『綜合看護』2011年4号の感想
 ・『美味しんぼ』から何を学ぶべきか
 ・2011年12月例会報告:悠季真理「古代ギリシャ哲学、その学び方への招待」読書会
 ・年頭言:「大和魂」創出を志して、2012年に何をなすべきか
 ・消費税はどういう税金か
 ・心理療法におけるリフレーミングとは何か
 ・2012年1月例会報告:悠季真理「古代ギリシャ哲学,その学び方への招待」読書会
 ・バッハ「マタイ受難曲」の構造を解く
 ・2012年2月例会報告:科学史の全体像について
 ・『弁証法はどういう科学か』の要約をどのように行っているか
 ・一会員による『綜合看護』2012年1号の感想
 ・橋下教育基本条例案を問う
 ・吉本隆明さん逝去に寄せて
 ・2012年3月例会報告:シュテーリヒ『西洋科学史』第1章〜第4章
 ・科学者列伝:古代ギリシャ編
 ・2年目教師としての一年間を実践記録で振り返る
 ・2012年4月例会報告:シュテーリヒ『西洋科学史』第5章〜第6章
 ・科学者列伝:ヘレニズム・ローマ・イスラム編
 ・簡約版・消費税はどういう税金か
 ・一会員による『新・頭脳の科学(上巻)』の感想
 ・新人教師のもつ若さの意義を説く
 ・2012年5月例会報告:シュテーリヒ『西洋科学史』第7章
 ・科学者列伝:西欧中世編
 ・アダム・スミス『道徳感情論』を読む
 ・2012年6月例会報告:シュテーリヒ『西洋科学史』第8章
 ・科学者列伝:近代科学の開始編
 ・ブログ更新2周年にあたって
 ・古代ギリシアにおける学問の誕生を問う
 ・一会員による『綜合看護』2012年2号の感想
 ・クセノフォン『オイコノミコス』を読む
 ・2012年7月例会報告:シュテーリヒ『西洋科学史』第9章
 ・科学者列伝:17世紀の科学編
 ・一会員による『新・頭脳の科学(下巻)』の感想
 ・消費税増税実施の是非を問う
 ・原田メソッドの教育学的意味を問う
 ・2012年8月例会報告:シュテーリヒ『西洋科学史』第10章
 ・科学者列伝:18世紀の科学編
 ・一会員による『綜合看護』2012年3号の感想
 ・経済学を誕生させた経済の発展とはどういうものだったのか
 ・2012年9月例会報告:シュテーリヒ『西洋科学史』第11章
 ・人類の歴史における論理的認識の創出・使用の過程を問う
 ・長縄跳びの取り組み
 ・国家の生成発展の過程を問う――滝村隆一『マルクス主義国家論』から学ぶ
 ・三浦つとむの言語過程説から言語の本質を問う
 ・2012年10月例会報告:シュテーリヒ『西洋科学史』第11章
 ・科学者列伝:19世紀の自然科学編
 ・古代から17世紀までの科学の歴史――シュテーリヒ『西洋科学史』要約で概観する
 ・2012年11月例会報告:シュテーリヒ『西洋科学史』第12章前半
 ・2012年12月例会報告:シュテーリヒ『西洋科学史』第12章後半
 ・科学者列伝:19世紀の精神科学編
 ・年頭言:混迷の時代が求める学問の確立をめざして
 ・科学はどのように発展してきたのか
 ・一会員による『学城』第9号の感想
 ・一会員による『綜合看護』2012年4号の感想
 ・2013年1月例会報告:ヘーゲル『歴史哲学』を読む前提としての世界歴史の全体像
 ・歴史観の歴史を問う
 ・2013年2月例会報告:ヘーゲル『歴史哲学』をどのように読んでいくべきか
 ・『三浦つとむ意志論集』を読む
 ・言語学の構築に向けてどのように研究を進めるのか
 ・一会員による『綜合看護』2013年1号の感想
 ・改訂版・新大学生に説く「大学で何をどう学ぶか」
 ・2013年3月例会報告:ヘーゲル『歴史哲学』序論(前半)を読む
 ・3年目教師としての1年間を実践記録で振り返る
 ・2013年4月例会報告:ヘーゲル『歴史哲学』序論(後半)を読む
 ・新自由主義における「自由」を問う
 ・2013年5月例会報告:ヘーゲル『歴史哲学』第一部 東洋の世界(前半)を読む
 ・三浦つとむ「マルクス・レーニン主義に関する本質的な質問」から学ぶ
 ・言語は歴史的にどのように創出されたのか
 ・一会員による『綜合看護』2013年2号の感想
 ・ヒュームの提起した問題にカント、スミスはどのように答えたか
 ・2013年6月例会報告:ヘーゲル『歴史哲学』東洋の世界(後半)を読む
 ・一会員による2013年上半期の振り返り
 ・認知療法における問いの意義を問う
 ・カント歴史哲学へのアダム・スミスの影響を考える
 ・2013年7月例会報告:ヘーゲル『歴史哲学』ギリシアの世界を読む
 ・2013年8月例会報告:ヘーゲル『歴史哲学』第三部 ローマの世界を読む
 ・アダム・スミスの哲学体系の全体像を問う
 ・一会員による『綜合看護』2013年3号の感想
 ・初任者に説く学級経営の基本
 ・カウンセリング上達過程における事例検討の意義
 ・文法家列伝:古代ギリシャ編
 ・ヒューム『政治論集』抄訳
 ・2013年9月例会報告:ヘーゲル『歴史哲学』第四部 ゲルマンの世界を読む
 ・言語過程説から言語学史を問う
 ・2013年10月例会報告:ヘーゲル『歴史哲学』「第4部 ゲルマンの世界」第2篇を読む
 ・戦後日本の学力論の流れを概観する
 ・一会員による『育児の生理学』の感想
 ・文法家列伝:古代ローマ・中世編
 ・2013年11月例会報告:ヘーゲル『歴史哲学』第4部 ゲルマンの世界 第3篇を読む
 ・古代ギリシャ経済の歴史を概観する
 ・2013年12月例会報告:ヘーゲル『歴史哲学』のまとめ
 ・ヘルバルト教育学の全体像を概観する
 ・年頭言:歴史を切り拓く学問の創出を目指して
 ・歴史的な岐路に立つ世界と日本を問う
 ・一会員による『綜合看護』2013年4号の感想
 ・一会員による2013年の振り返りと2014年の展望
 ・ヘーゲル『歴史哲学』を読む
 ・2014年1月例会報告:学問(哲学)の歴史の全体像について
 ・一会員による『学城』第10号の感想
 ・世界歴史の流れを概観する
 ・現代の言語道具説批判――言語規範とは何か
 ・2014年2月例会報告:シュヴェーグラー『西洋哲学史』第3〜11章
 ・ヘルバルト『一般教育学』を読む
 ・新大学生へ説く「大学で何をどのように学んでいくべきか」
 ・2014年3月例会報告:シュヴェーグラー『西洋哲学史』第12〜14章
 ・三浦つとむ『弁証法はどういう科学か』学習会を振り返る
 ・『育児の認識学』は三浦認識論をいかに発展させたか――一会員による『育児の認識学』の感想
 ・2014年4月例会報告:シュヴェーグラー『西洋哲学史』第15〜19章
 ・4年目教師としての1年間を実践記録で振りかえる
 ・文法家列伝:『ポール・ロワイヤル文法』編
 ・2014年5月例会報告:シュヴェーグラー『西洋哲学史』第20〜26章
 ・道徳教育の観点から見る古代ギリシャの教育と教育思想
 ・古代ギリシャの経済思想を問う
 ・半年間の育児を振り返る
 ・2014年6月例会報告:シュヴェーグラー『西洋哲学史』第27〜33章
 ・現代の言語道具説批判・補論――「言語道具説批判」に欠けたるものとは
 ・心理士が医学から学ぶこと――一会員による『医学教育 概論(1)』の感想
 ・アダム・スミス「天文学史」を読む
 ・現代の言語道具説批判2――言語道具説とは何か
 ・2014年7月例会報告:シュヴェーグラー『西洋哲学史』第34〜38章
 ・道徳教育の観点から見る中世の教育と教育思想
 ・もう一人の自分を育てる心理療法
 ・2014年8月例会報告:シュヴェーグラー『西洋哲学史』第39〜40章
 ・アダム・スミス「外部感覚論」を読む
 ・文法家列伝:ジョン・ロック編
 ・一会員による『学城』第11号の感想
 ・夏目漱石を読む@――坊っちゃん、吾輩は猫である、草枕
 ・2014年9月例会報告:シュヴェーグラー『西洋哲学史』第41〜43章
 ・ルソーとカントの道徳教育思想を概観する
 ・アダム・スミスは『修辞学・文学講義』で何を論じたか
 ・全てを強烈な目的意識に収斂させる――一会員による『医学教育概論の実践』の感想
 ・2014年10月例会報告:シュヴェーグラー『西洋哲学史』第44〜45章
 ・精神障害の弁証法的分類へ向けた試み
 ・シュリーマン『古代への情熱』から何を学ぶか
 ・2014年11月例会報告:シュヴェーグラー『西洋哲学史』第46章
 ・一年間の育児を振り返る
 ・近代ドイツにおける教育学の流れを概観する
 ・2014年12月例会報告:シュヴェーグラー『西洋哲学史』のまとめ
 ・年頭言:弁証法・認識論を武器に学問の新たな段階を切り開く
 ・「戦後70年」を迎える日本をどうみるか
 ・哲学の歴史の流れを概観する
 ・『ビリギャル』から何を学ぶべきか
 ・必要な事実を取り出すとは――一会員による『医学教育 概論(2)』の感想
 ・2015年1月例会報告:南郷継正「武道哲学講義X」
 ・夏目漱石を読むA――二百十日、野分、虞美人草、坑夫
 ・アダム・スミスは古代ギリシャ哲学史から何を学んだのか
 ・マインドフルネスを認識論的に説く
 ・道徳思想の歴史を概観する
 ・三浦つとむ『認識と言語の理論』第1部の要約
 ・弁証法的に学ぶとはいかなることか――一会員による『医学教育 概論(3)』の感想
 ・一会員による『学城』第1号の感想
 ・新大学生への訴え
 ・2015年3月例会報告:ヘーゲル『哲学史』哲学史の序論A
 ・心理職の国家資格化を問う
 ・5年目教師としての1年間を実践記録で振り返る
 ・文法家列伝:時枝誠記編
 ・2015年4月例会報告:ヘーゲル『哲学史』哲学史の序論B、C、東洋哲学
 ・夏目漱石を読むB――三四郎、それから、門
 ・臨床心理学のあるべき姿を考える――一会員による『医学教育 概論(4)』の感想
 ・アダム・スミス「模倣芸術論」を読む
 ・デューイの教育論の歴史的な意義を問う―『学校と社会』を通して
 ・2015年5月例会報告:ヘーゲル『哲学史』ギリシア哲学史の序論、イオニア派の哲学、ピュタゴラスとピュタゴラス派
 ・高木彬光『邪馬台国の秘密』を認識論から読み解く
 ・一会員による『学城』第12号の感想
 ・2015年6月例会報告:ヘーゲル『哲学史』エレア派〜ヘラクレイトス
 ・何故言語学の創出が必要か―一会員による2015年上半期の振り返り
 ・事実と論理ののぼりおり――一会員による『医学教育 概論(5)』の感想
 ・夏目漱石を読むC――彼岸過迄、行人、こころ
 ・2015年7月例会報告:ヘーゲル『哲学史』エムペドクレス〜アナクサゴラス
 ・フロイト『精神分析入門』を読む(上)
 ・デューイ教育論の歴史的意義を問う―『民主主義と教育』をとおして
 ・2015年8月例会報告:ヘーゲル『哲学史』ソフィスト派・ソクラテス
 ・アダム・スミス『法学講義』を読む
 ・学問上達論とは何か――一会員による『哲学・論理学研究(1)』の感想
 ・2015年9月例会報告:ヘーゲル『哲学史』ソクラテス派、プラトン
 ・庄司和晃追悼論文―庄司和晃の歩みはいかなるもので、何を成し遂げたか
 ・三浦つとむ『認識と言語の理論』第1部第4章の要約
 ・一会員による『学城』第2号の感想
 ・フロイト『精神分析入門』を読む(下)
 ・夏目漱石を読むD――道草、明暗
 ・2015年10月例会報告:ヘーゲル『哲学史』プラトン 弁証法、自然哲学、精神の哲学
 ・ナイチンゲール看護論を心理臨床に活かす――一会員による『初学者のための『看護覚え書』(1)』の感想
 ・文法家列伝:時枝誠記編(補論)
 ・英語教育改革を問う―『英語化は愚民化』書評―
 ・2015年11月例会報告:ヘーゲル『哲学史』アリストテレスの形而上学,自然哲学
 ・2年間の育児を振り返る
 ・2015年12月例会報告:ヘーゲル『哲学史』アリストテレス(精神の哲学・論理学)
 ・年頭言:歴史的岐路における道標としての学問の創出を目指して
 ・安保法制をめぐる議論から日本の課題を問う
 ・図式化にはどのような効用があるのか
 ・看護師と臨床心理士に共通した学び方――一会員による『初学者のための『看護覚え書』(2)』の感想
 ・2016年1月例会報告:ヘーゲル『哲学史』ストア派の哲学、エピクロスの哲学
 ・ケネー『経済表』を読む
 ・SSTを技化の論理で説く
 ・一会員による『学城』第13号の感想
 ・2016年2月例会報告:ヘーゲル『哲学史』新アカデメイア派、スケプシス派
 ・心理士教育はいかにあるべきか――一会員による『医学教育 概論(6)』の感想
 ・仮説実験授業を問う―アクティブ・ラーニングの観点から―
 ・一会員による『学城』第3号の感想
 ・新大学生に与える
 ・2016年3月例会報告:ヘーゲル『哲学史』新プラトン派
 ・6年目教師としての1年間を実践記録で振り返る―学級崩壊への過程を説く
 ・2016年4月例会報告:ヘーゲル『哲学史』中世哲学序論〜スコラ哲学
 ・専門家のあり方を問う――一会員による『初学者のための『看護覚え書』(3)』の感想
 ・比較言語学誕生の歴史的必然性を問う
 ・『吉本隆明の経済学』を読む
 ・2016年5月例会報告:ヘーゲル『哲学史』学問の復興
 ・ブリーフセラピーを認識論的に説く
 ・夏目漱石の思想を問う
 ・コメニウスの歴史的意義を問う―『大教授学』をとおして
 ・オバマ米大統領の「広島演説」を問う
 ・2016年6月例会報告:ヘーゲル『哲学史』近代哲学の黎明
 ・心理士の上達に必須の条件――一会員による『初学者のための『看護覚え書』(4)』の感想
 ・夏目漱石の中・長編小説を読む
 ・2016年7月例会報告:ヘーゲル『哲学史』デカルト・スピノザ
 ・改訂版・観念的二重化への道
 ・ロックの教育論から何を学ぶべきか
 ・文法家列伝:ソシュール編
 ・2016年8月例会報告:ヘーゲル『哲学史』「悟性形而上学」第二部・第三部
 ・どうすれば科学的な実践が可能となるか――一会員による『科学的な看護実践とは何か(上)』の感想
 ・夏目漱石『明暗』の構造と結末を問う
 ・ルソーの教育論の歴史的意義を問う
 ・2016年9月例会報告:ヘーゲル『哲学史』バークリー〜ドイツの啓蒙思潮
 ・高校生に説く立憲主義の歴史
 ・三浦つとむ『認識と言語の理論』を読む
 ・2016年10月例会報告:ヘーゲル『哲学史』ヤコービ、カント
 ・専門家教育には何が必要か――一会員による『科学的な看護実践とは何か(下)』の感想
 ・アダム・スミス『国富論』を読む
 ・2016年11月例会報告:ヘーゲル『哲学史』フィヒテ,シェリング,結語
 ・3年間の育児を振り返る
 ・近代教育学の成立過程を概観する
 ・2016年12月例会報告:ヘーゲル『哲学史』のまとめ
 ・年頭言:機関誌の発刊を目指して
 ・激動する世界情勢を問う
 ・『障害児教育の方法論を問う』から何を学ぶべきか―一会員による感想
 ・一会員による『学城』第4号の感想
 ・2017年1月例会報告:シュヴェーグラー『西洋哲学史』、ヘーゲル『哲学史』におけるカント『純粋理性批判』
 ・斎藤公子の保育実践とその背景を問う
 ・認識の形成がうまくいくための条件とは何か?――一会員による『“夢”講義(1)』の感想
 ・本来の科学的な教育とは何か
 ・2017年2月例会報告:カント『純粋理性批判』序文
 ・システムズアプローチを弁証法から説く
 ・一会員による『学城』第14号の感想
 ・ルソー『学問芸術論』を読む
 ・新大学生に説く「大学では何を如何に学ぶべきか」
 ・2017年3月例会報告:カント『純粋理性批判』緒言
 ・斉藤喜博から何を学ぶべきか
 ・重層弁証法を学ぶ――一会員による『“夢”講義(2)』の感想
 ・小中一貫教育を問う
 ・ヘーゲル『哲学史』を読む
 ・2017年4月例会報告: カント『純粋理性批判』先験的感性論
 ・文法家列伝:宮下眞二編
 ・改訂版 心理療法における外在化の意義を問う
 ・マルクス思想の原点を問う
 ・2017年5月例会報告:カント『純粋理性批判』先験的論理学の構想その他
 ・弁証法が技化した頭脳活動を味わう――一会員による『“夢”講義(3)』の感想
 ・教育の政治的中立性を問う
 ・日本経済の歴史を概観する
 ・2017年6月例会報告:カント『純粋理性批判』純粋悟性概念の演繹
 ・一会員による『学城』第15号の感想
 ・改訂版 続・心理療法における外在化の意義を問う
 ・2017年7月例会報告:カント『純粋理性批判』原則の分析論 緒言〜第2章第3節2
 ・ルソー『人間不平等起原論』の歴史的意義を問う
 ・夢の解明に必須の学問を学ぶ――一会員による『“夢”講義(4)』の感想
 ・ヒュームの経済思想――『政治論集』を読む
 ・現代日本の政治家の“失言”を問う
 ・2017年8月例会報告:カント『純粋理性批判』経験の類推
 ・障害児の子育ての1年間を振り返る
 ・新しい国家資格・公認心理師を問う
 ・経済学の原点を問う――哲学者としてのアダム・スミス
 ・2017年9月例会報告:カント『純粋理性批判』経験的思惟一般の公準その他
 ・徒然なるままに――40歳を迎えて
 ・過程的構造とは何か――一会員による『“夢”講義(5)』の感想
 ・〔改訂版〕新自由主義における「自由」を問う
 ・2017年10月例会報告:カント『純粋理性批判』反省概念の二義性
 ・続・徒然なるままに――40歳を迎えて
 ・教育実習生に説く人間観の歴史